ロックンロールレコード~お茶の間に間に~のブログ

ロックンロールのレコードのお話し

風邪ひきスピーカー


f:id:rocknrollrecord:20240223124716j:image

 

音の決めてはスピーカー

半分正解で

半分は間違い

 

凄い音だねぇ!

このスピーカーはどこの?

 

へぇ~このスピーカーいいねぇ!

いくらくらいしたの?

欲しいなぁ

 

オーディオにこだわっている方から

そう言われるのは

最高の褒め言葉だと思われ

嬉しい反面やや複雑な心境に

というのも

 

アメリカのアルテック

70年に発売した

サンタナという

家庭用のスピーカー

ユニットは前の年に発売

 

このユニットは独特な構造で

50年代中頃に

アルテックが特許を取ったもので

なぜかこの時期に復活したもの

なので古いアルテックの音がするわけですが

 

家庭用のわりには箱が大きいのも

アメリカという大きくて広い国ならでは

ですが

スピーカーユニットはかなり大きく

ユニットに対してだと

この箱は小さすぎて

低音がこもりがち

 

なので当時の雑誌などを見ますと

なんだか風邪をひいたような音

という良くない評価

 

家庭でも大きな音を鳴らせるように

大きなユニットを積んだのでしょうが

いくらアメリカでも

家庭のスピーカーのサイズも

この時代では

このくらいにしとけよ

な大きさだったのか

せっかくの大きなユニットも

持ちぐされ的音に

 

実際手に入れて

自宅の部屋で鳴らした時は

低音はこもりがち

 

とはいえ

この時代のスピーカーは

その後のものとは

磁石が違い

アルニコ磁石を使用

その後はフェライト磁石が主流

コスパが良さで取って代わるも

迫力は半減となり

 

ユニットの大きさと

アルニコ磁石の力強さが

小さすぎる箱の中では

こもりがちに

 

今どきのように

穴を穿って低音をかせぐことを

していないので

こもる音もなお必然

 

お店に持って来た時も

どうしたものかと思うほど

低音はうまく鳴らず

 

というのも

こんな広い場所で

お店をやるつもりではなかったので

当然の結果っちゃあ当然の結果

 

この風邪ひきスピーカーの

今の主は風邪をひかないタイプで

前に風邪をひいたのは

かれこれ15年も前

4年に一度の某国際大会のための

某競技場の試掘で

敷地を流れる川につかりつつ

立っているのもやっとなビル風に

体温を奪われ続ける気化熱状態で

日に日にダウンで人が減り

最終日にあえなくノックアウトとなったのが

15年くらい前

約24キロの距離を自転車通勤していた

40代になる前の話しは

体力の限界

 

普通に置いて普通に鳴らすと

力はあるものの

こもる低音

なスピーカー

 

モノラル針とそのアンプが

力強い音で鳴るので

あとは力技で

つまみをまわし気味に

 

なので

オープン当初は

音ワレもあり

力強いが力づくな音に

 

オープンから4ヶ月くらいたった頃

素人考えな思いつきに基づき

工作を開始

で飛躍的に音が力強くなり

風邪が回復傾向に

 

さらに工作を進め

拡がるモノラルとなり

調子に乗って坪庭化

さらに続けとレコードプレーヤーがせいろ化し

風邪はほぼ完治へ

 

オーディオにこだわられている方で

部屋中スピーカーだらけで

現在のメインスピーカーは

400万以上という筋金入りの方が

 

ひとしきり聴かれた後

この時代のこのサイズのスピーカーが

こんな音でなるはずがないんだがなぁ

 

またオーディオフェアに行かれたという方が

一億以上するスピーカーを作ったメーカーが

1000万以上するスピーカーの

視聴をしていたので聴いて来たと

 

でもこっちのほうがいいよ!

と言って大絶賛されました

 

もちろん

来るなり

寄ってたかって全否定され

足早に帰られる方も

 

ですが最近は

ずいぶんと自信がついて来たのも

自分で聴いていても

あんなにダメダメな音で鳴っていた

風邪ひきスピーカーが

 

この程度の

安っぽいオーディオで

自分が思っていた以上

というか

そんなレベルもとっくに凌駕して

聴く人の心の臓を

鷲づかみにしているのを

日々目の当たりにしているからで

 

と言いつつも

今日もまたちょっと

閃きによる小細工を施し

 

昨日までとはまた

 

ひと味違う音と

 

相成りましたので

 

ござ候

 

 

オリジナル盤のレコードを聴くお店!
   ロックンロールレコード
    ~ お茶の間に間に ~ 
 
鳥取県米子市淀江町佐陀834-5

 

 

ロックンロールレコード / ROCK'N ROLL / ROCK AND ROLL / ROCK & ROLL / レコードプレーヤー / ターンテーブル / モノラル針 / カートリッジ / THE BEATLES / Garrard / ガラード / レコード針 /ビートルズ / バリレラ / モノラル盤 / THE ROLLING STONES / 7インチ盤 / シングル盤 / VINYL / ロックンロール / アナログ / レコード / 真空管アンプ / オーディオ / mono / beatles / オリジナル盤 / vinyl / 最初期盤  / BOB DYLAN / BLUES / ブルース / ALTEC / KT88 / THE WHO / CAFE / カフェ / 喫茶店 / 鳥取 / 米子

 

 

迷探偵シャーロックンロールレコード


f:id:rocknrollrecord:20240222103116j:image

 

真ん中の箱は?

 

昔のラジオの空箱を置いてます

オーディオは素人なので

自分の空想的発想で

周りににいろいろ工作をして

素人考えで鳴らしてます

 

オーディオ好きの方々は

音を聴く前に

質問攻めに

 

アンプは何?

真空管は?

スピーカーはどこの?

プレーヤーは?

 

といった具合

ですが意外と

重要な針については聞かれなかったり

最も重要なレコード盤についても無関心

モノラルかステレオかさえも放置されるのも

もっぱらの興味はオーディオ機器

 

ひとしきり一問一答で

回答した後

空箱について職質にあい

素人工作コーナーの説明をするも

興味なしで

それはどうでもいいや

といった表情に

 

では

とレコードを鳴らし出すと

にわかに動きが

 

音に馴染まれた頃を見計らって

音圧の高い盤に

 

イコライジングしてる?

低音をかさ増しした疑いで

容疑者になり

任意同行を求められる格好に

 

まんまです

と答えても

合点がいかず

この程度のオーディオで

何故こんな

予想だに出来ない音が鳴るのか

素人工作のなせるわざとは思えず

容疑者候補のままのご様子

 

矢継ぎ早に

轟音のメドレー的コーナーに差し掛かると

現代の音に慣れすぎていて

音源の歪みが

ややノイジーに思われるのか

高い音圧だけが納得いかないようにも

 

でブルースの静寂な空気感に圧倒され

先程までの歪みとのギャップで

その理解を越え

その隙に轟音ブルースへなだれ込み

さらに高まった音圧に

もはや歪みですら理解不能

 

さらに盛大なる華やかな曲で

拡がるモノラルを浴びて頂く頃には

モノラルである事など

もはやお忘れのご様子で

かろうじて音の定位の話しなどされる方も

しかしステレオ盤ではないのであしからず的な

 

戸惑われ気味なところに

あらゆる音の違う迫力を

矢継ぎ早に次々とたたみかければ

増し増しとなり続ける空気の振動に

圧倒され言葉を失い

 

さらに上には上が的な

決定的な強力盤を

投下する頃には

脳のスイッチはオフとなり

整ったご様子で

放心状態に

 

やっぱり大きな音だといいね

とすべては音の大きさのなせるわざだと

言いたげだったりされますが

 

大きな音で鳴らすのは

小さな音と違って

一筋縄ではいかず

 

小さな音なら荒も目立たず

誤魔化しが効きますが

大きな音では

ささいな事も大事になるので

ただつまみをひねればいいわけではなく

 

音はオーディオで決まるわけでもなければ

音量でもなく

 

見えない空気の振動を

頭の中で可視化して

その空気の振動と流れ

それぞれの音をそれぞれに

足したり引いたりして

バランスを整えるわけで

 

と言っても

空気なので

見えるわけでもなければ

どこにもつまみは無く

 

聴かなくても大体わかるよと

満を持して来られた方ほど

お帰りの際は

狐につままれたような顔で

ぐったりと言葉少なに

 

また来ます

 

 

迷宮入りとなるようです

 

 

 

オリジナル盤のレコードを聴くお店!
   ロックンロールレコード
    ~ お茶の間に間に ~ 
 
鳥取県米子市淀江町佐陀834-5

 

 

ロックンロールレコード / ROCK'N ROLL / ROCK AND ROLL / ROCK & ROLL / レコードプレーヤー / ターンテーブル / モノラル針 / カートリッジ / THE BEATLES / Garrard / ガラード / レコード針 /ビートルズ / バリレラ / モノラル盤 / THE ROLLING STONES / 7インチ盤 / シングル盤 / VINYL / ロックンロール / アナログ / レコード / 真空管アンプ / オーディオ / mono / beatles / オリジナル盤 / vinyl / 最初期盤  / BOB DYLAN / BLUES / ブルース / ALTEC / KT88 / THE WHO / CAFE / カフェ / 喫茶店 / 鳥取 / 米子

ボッボッボッ ボッボ


f:id:rocknrollrecord:20240221153813j:image


ロックンロールが好きなのに

ボ ディドリーを聴いてない人は

信用出来ない


f:id:rocknrollrecord:20240221153828j:image

 

ボ ディドリーが好きだと言いつつ

ベスト盤しか持ってない人も

信用出来ない


f:id:rocknrollrecord:20240221153840j:image

 

ブルースが好きだと言いながら

ボ ディドリーの1st アルバムしか聴いた事ない人は

信用出来ない

 

60年代のロックバンドで

ボ ディドリーをカバーしてない奴らは

いないだろうというくらい

誰よりもカバーされていた

 

ロックンロールの始まりは

てな話しは数あれど

ロックバンドのギタースタイルは

誰あろう

ボ ディドリーだ

 

お笑い芸人が

ボ ディドリーのギターを改造して

笑いをとっているのを見ると

お笑いは好きだが

それはダメだと

そのギターは

そういうモノではないと

それはイカンとイカンのンを表明したい

 

ボ ディドリーの日を設けて

一日中

ボ ディドリーをかけていたい

 

お店の名前も

BO を入れるか

ボ ディドリーの曲名から

つけたかったほどで

 

ボ ディドリー

ボッボッボ ディドリー

ボ ディドリー

ボッボッボ ディドリー

 

ロックンロールとは

ボ ディドリーである

 

最後の来日公演で観たボ ディドリーは

想像と違って

小さなおじいちゃんだった

 

しかし

握手してもらったその手は

ボ ディドリーだった

 


f:id:rocknrollrecord:20240221153912j:image

 

ボ ディドリーを聴くなら

CDじゃダメだ

 

ボ ディドリーを聴くなら

オリジナル盤じゃなきゃ

 

CDじゃあ

薄っぺらすぎる

 

低音が鳴ればいいってもんじゃない

 

あのいかがわしくて

暴力的なギターの音は

 

オリジナル盤でなくちゃ

 

ボ ディドリーじゃない

 

 

オリジナル盤のレコードを聴くお店!
   ロックンロールレコード
    ~ お茶の間に間に ~ 
 
鳥取県米子市淀江町佐陀834-5

 

 

ロックンロールレコード / ROCK'N ROLL / ROCK AND ROLL / ROCK & ROLL / レコードプレーヤー / ターンテーブル / モノラル針 / カートリッジ / THE BEATLES / Garrard / ガラード / レコード針 /ビートルズ / バリレラ / モノラル盤 / THE ROLLING STONES / 7インチ盤 / シングル盤 / VINYL / ロックンロール / アナログ / レコード / 真空管アンプ / オーディオ / mono / beatles / オリジナル盤 / vinyl / 最初期盤  / BOB DYLAN / BLUES / ブルース / ALTEC / KT88 / THE WHO / CAFE / カフェ / 喫茶店 / 鳥取 / 米子

 

ブロゲば うとうとし 鳴らしの音(おん)

お店を始めるにあたり

合わせてSNS

それまでは

個人情報がだだ漏れなだけで

何のメリットもあるまいと

アプリすら入れず

 

なので人の投稿を見ることもなく

それぞれの違いも知らず

やってる人の気がしれないと

御縁なし

 

ケータイ電話の時も

電話を持ち歩く必要性など感じず

いつでも誰からでも

連絡がつくなんて

御免被るというわけで

 

そもそも

家電も留守電なしをわざわざのチョイス

基本いない時まで

連絡されたくもない派に

 

いまだかつて人生において

パソコンを所有していないので

逆にスマホの時はちと早め

 

パソコンを持ってないのに

パソコンで画像処理などする仕事に

周りはパソコンが得意な連中ばかりも

そのほとんどの人が

スマホはまだだったりした頃

 

スマホは持つも

パソコンに対しては

ブッシュマン的アプローチで

電源スイッチどこ?

とモニターを藪睨み

別の箱がパソコンだと言われるも

合点がいかない始末

 

そんななくせに

実は小学生の時に

コンピューターを買おうと画策の前科ありで

 

当時はパソコンではなく

マイコン

いつの間に

パソコンに名義変更したのやら

 

デパートのマイコンショップに通い

覚えた英語の足し算プログラムを

入力したりしていた小学生は

 

新しい自転車代となる予定の

中学の入学祝いを元手に

お年玉と合わせマイコンを買おうと

手渡されたお祝いを握りしめ

部屋に籠城する策に

 

一悶着の末

なんとか成し遂げたと安堵し

気を許した隙に

車庫に見覚えのない

新しい自転車が届き

お祝いを自転車屋に納めるよう指示され

とまったくもって理解なき親に阻止され

マイコンが幻となったのは

パソコン時代の10年以上前の話しで

今から40年くらいも前の事

 

以来

時代の最先端からは距離をおき

踊らされないよう

必要にかられるまでは

目を合わせないように

他人のふりで

 

ゆえに

今さらSNSを始めても

使いこなせるはずなどなく

事あるごとにちんぷんかんぷんも

拡がるはずがあるはずなくとも

闇雲に駄文にも及ばぬたわごとを

マカロニウエスタンばりの

ガトリング砲さながらに連射するも

句読点の礼儀作法もわきまえず

息継ぎなしの無呼吸泳法で

一気に駆け抜けるも

ジェームスディーンになれるでもない

ベタぶみアクセル壊れたブレーキは

チキンレースであえなくサヨウナラとなるわけで

 

誰も読むわけでもないと高を括るも

たやすく増えないフォロワー数のわりに

SNSを見て来たと言われる事が増える不可思議に

数万人規模でないと機能し得ないかと

感じていたのもつかの間

じわじわと拡がる兆しも思い過ごしか

砂の嵐に隠されたまま

ブーフーウーの家の如く

吹き飛んでしまいそうな屋台骨のもと

 

とりあえずまただらだらと

レコードにかすりもしない

読めない読みものは

集客力などあろうはずもないのも

完全に方向を見失いつつある

たんなるおっさんのつぶやきゆえ

 

土台はツイッターから始まり

インスタで長文化し

ひねもすレコードを聴きつつ

だらだらと書き連ねられる

ブログでうたた寝に至るわけであります

 

Zzz . .


f:id:rocknrollrecord:20240221142104j:image

 

 

 

オリジナル盤のレコードを聴くお店!
   ロックンロールレコード
    ~ お茶の間に間に ~ 
 
鳥取県米子市淀江町佐陀834-5

 

 

ロックンロールレコード / ROCK'N ROLL / ROCK AND ROLL / ROCK & ROLL / レコードプレーヤー / ターンテーブル / モノラル針 / カートリッジ / THE BEATLES / Garrard / ガラード / レコード針 /ビートルズ / バリレラ / モノラル盤 / THE ROLLING STONES / 7インチ盤 / シングル盤 / VINYL / ロックンロール / アナログ / レコード / 真空管アンプ / オーディオ / mono / beatles / オリジナル盤 / vinyl / 最初期盤  / BOB DYLAN / BLUES / ブルース / ALTEC / KT88 / THE WHO / CAFE / カフェ / 喫茶店 / 鳥取 / 米子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺ん家の電気 お前ん家の電気

同じ曲でも

人ん家で聴けば

違った音で鳴っていて

 

うちのジョン

お前ん家のミック

あいつん家のポール

ってな感じで

それぞれ違うわけで

 

いわゆるステレオだったり

ラジカセだったり

 

やれレコードだとかCDだとか

今どきはサブスクだったり

 

スピーカーの違いもさることながら

配線一本変えただけでも

違う音に

 

どころか

抜き差しするだけでも

変わったりも

 

置き方

聴く場所

聴く時の姿勢だったりと

部屋のカーテンの開け閉めでは大違いだったり

 

味を感じるのは

舌にあるいくつかの

味覚のスポットで

甘味や塩味など

 

ですが

辛さは味覚ではなく

痛点

痛みで感じる

 

というものの

味覚だけが味

というほうが

いささか暴力的にも思え

 

食感も味だなぁ

と感じるのも

食べればみな同じではなく

細かく砕いた粉が同じ味ではなく

ペースト状にしたりすれば

もはや違う食べ物

 

音に電気は大きく影響するので

オーディオにこだわられる方は

配線も高級なものに

電源も変えたり

究極は

自分で電柱を建てちゃうほど

 

昔の電気製品は

西日本と東日本では共用出来ず

遠くに旅行の際は

ドライヤーなど持って行くなかれな

 

西と東では電気が異なり

ですが今では

電気製品のほうが

どちらでも使えるようになり

 

とはいえ今でも

東西で使っている電気は違ったままで

50ヘルツと60ヘルツで

周波数が違い

 

そもそもは

東京と大阪で

それぞれ違う国の発電機を買ったからとか

 

この電気の違いが

音に影響するのか

 

人のわかる範疇で

違いはないとか

科学が専門な方は

いつも数字がすべてなのに

数字の違うものにも関わらず

違いはないと

 

ですが

違いは周波数

ですので

たとえば

スピーカーが音を鳴らすために

1秒間に振動する回数が

50回と60回

なので

1秒間に10回も違うということは

西日本は

2割増しの大盤振る舞い

 


f:id:rocknrollrecord:20240220163537j:image

 

1分間で600回も違うということは

1分間に600回も

空気の振動する回数が違うということ

それだけ音の密度が違うのに

 

その違いは感じないと

何を根拠におっしゃっているのか

そもそも科学とはなんぞやな

 

とはいえ

まったく同じ条件下を

東西日本で再現など

出来るとも思えず

 

仮に出来ても

移動時間なども鑑みて

比べられるとも思えないわけですが

 

昔のオープンリールデッキを持っていますが

東西で回転速度が変わってしまうので

回転する軸を変えるなどしなければ

速かったり遅かったりで

 

そんな電気の周波数の違いが

音に出ないと言われるてしまうと

科学や数字の話しは

やはり

どうでもいい気がしてしまい

 

オーディオも

常識と言われるものはうっちゃっといて

勝手気ままな工作などで

よく言われてるような事など

簡単には信用などせず

 

基本

自分の耳がすべてな音なので

どこかと同じような音に

なるはずもなく

 

ここでしか聴けない

 

ここだけの音

 

で鳴っている

 

のでした

 

 

オリジナル盤のレコードを聴くお店!
   ロックンロールレコード
    ~ お茶の間に間に ~ 
 
鳥取県米子市淀江町佐陀834-5

 

 

ロックンロールレコード / ROCK'N ROLL / ROCK AND ROLL / ROCK & ROLL / レコードプレーヤー / ターンテーブル / モノラル針 / カートリッジ / THE BEATLES / Garrard / ガラード / レコード針 /ビートルズ / バリレラ / モノラル盤 / THE ROLLING STONES / 7インチ盤 / シングル盤 / VINYL / ロックンロール / アナログ / レコード / 真空管アンプ / オーディオ / mono / beatles / オリジナル盤 / vinyl / 最初期盤  / BOB DYLAN / BLUES / ブルース / ALTEC / KT88 / THE WHO / CAFE / カフェ / 喫茶店 / 鳥取 / 米子

ヨコバイガラガラヘビ

ジャズがお好きな方々は

当店ロックンロールレコードの音とは

真逆方向面舵いっぱいな

澄んだ音を好まれ

それがオーディオ好きな方々でもあり

 

楽器の生音を追求するのは

理解出来なくもないものの

生々しい迫力や

力強さを損なうのは賛同しかねるわけで

 

ロックンロールのレコード同様に

ジャズのオリジナル盤を

力強く鳴らしたら

ジャズ好きの方も腰砕けとなるのでは

という妄想から

 

ささやかながらも

オリジナル盤のシングル盤を入手して

ロックンロールのレコードに織り交ぜてかけると

予想をはるかに上回る反響に

こうしちゃおられんと

すかさずLPを物色

 

オークションで競わずにすみそうな

状態の良くないもの

とは言うものの

音に影響しない

オンボロジャケットで

安値スタートのもの

 

しかしオリジナル盤で

聞いたことあるようなないような

名盤っぽいものを

 

やはり当時のオリジナル盤の

モノラル盤はお高い

なもんでステレオ盤に狙いを定め

たわけではなく

たまたま落札に至ったのが

ステレオ盤ですが

当時の盤なら音圧高く

溝も細くないので

これを無理やりモノラル針で

 

ジャズ好きならずとも

こちらが腰砕けになるほどの

カッコイイ音!

 

さっそく本日お店デビューで

織り交ぜるようにお披露目すれば

やはり誰もに大好評!

 

そりゃあこんな音で

ジャズのレコードを鳴らすとこも

そうそうないわけで

 

オリジナル盤をモノラルで

大音量で聴く

BGMにされがちなところを

あえてのがっぷり四ツで

空気の振動を全身に浴びての

体感でのジャズのレコードの音は

皆様未体験ゾーン

 

ジャケットは天地がきれいに裂け

見開き状態で

シミだらけでしたが

出来る限りのシミ抜きと

天地の復元で

ノープロブレムに

 

サイドに拡がった

オンボロジャケットは

このアルバムのタイトルのようでしたが

意味を調べたら

ヨコバイガラガラヘビだそうで

 

砂漠でほふく前進しているような様の

ガラガラヘビは

店内を大音量で

縦横無尽に這い回っております

 


f:id:rocknrollrecord:20240219192740j:image

 

 

オリジナル盤のレコードを聴くお店!
   ロックンロールレコード
    ~ お茶の間に間に ~ 
 
鳥取県米子市淀江町佐陀834-5

 

 

ロックンロールレコード / ROCK'N ROLL / ROCK AND ROLL / ROCK & ROLL / レコードプレーヤー / ターンテーブル / モノラル針 / カートリッジ / THE BEATLES / Garrard / ガラード / レコード針 /ビートルズ / バリレラ / モノラル盤 / THE ROLLING STONES / 7インチ盤 / シングル盤 / VINYL / ロックンロール / アナログ / レコード / 真空管アンプ / オーディオ / mono / beatles / オリジナル盤 / vinyl / 最初期盤  / BOB DYLAN / BLUES / ブルース / ALTEC / KT88 / THE WHO / CAFE / カフェ / 喫茶店 / 鳥取 / 米子

 

ぶらっとピット


f:id:rocknrollrecord:20240218150612j:image


敷居が高そうだとか

マニアックだとか

思われがちなようですが

 

基本的にベタが大好きで

詳細は気にならず

年がら年中聴いているアルバムの

曲名や曲順は不明瞭で

耳で覚えているだけで

データは空っぽな頭ん中

 

ビートルズ

詳しいのはオリジナル盤についてで

ビートルズには詳しくもなく

オーディオもチンプンカンプン

 

何をどれだけ持っているか

そんなものはお金しだいでしかなく

どれだけ知っているかなんてのは

調べて覚えただけで

いわばコピペ

 

今どきはウソもホントも

一字一句同じ文面であふれ

スマホが離せなくなっているのも

スマホが脳の外付けハードディスク状態で

にわか博士の大安売り

 

どれだけ持っているか

どれだけ知っているか

どちらも必要はなく

 

なんとなくどこかで

一度だけ聴いたことがあるだけ

誰の曲かなんて知りもしない

歌詞もメロディーもうろ覚え

ただ聴いた時の

感情が忘れられない

それだけで良いと思っているので

 

ぶらっと立ち寄るピットインで

ただ音を聴いて

いい気分で帰ってもらえれば

それでいい

というか

それが醍醐味かも

と思っている次第で

 

そもそも

自分でも

よく知らない曲を

かけてたりしてますので

敷居に高さなどあるわけもなく

 

ときおりミョーに

マニアックな話しをしていても

ただの雑学的

どうでもいい話しだったりの

くだらない小話しで

 

ぶらっと寄ってもらって

まっさらな気持ちで

何にも考えずに

頭をカラッポにして頂いて

 

ただデカい音の空気の振動を

 

体全体で浴びまくり

 

リフレッシュして帰って頂けたら

 

そう思う次第です

 

 

オリジナル盤のレコードを聴くお店!
   ロックンロールレコード
    ~ お茶の間に間に ~ 
 
鳥取県米子市淀江町佐陀834-5

 

 

ロックンロールレコード / ROCK'N ROLL / ROCK AND ROLL / ROCK & ROLL / レコードプレーヤー / ターンテーブル / モノラル針 / カートリッジ / THE BEATLES / Garrard / ガラード / レコード針 /ビートルズ / バリレラ / モノラル盤 / THE ROLLING STONES / 7インチ盤 / シングル盤 / VINYL / ロックンロール / アナログ / レコード / 真空管アンプ / オーディオ / mono / beatles / オリジナル盤 / vinyl / 最初期盤  / BOB DYLAN / BLUES / ブルース / ALTEC / KT88 / THE WHO / CAFE / カフェ / 喫茶店 / 鳥取 / 米子