ロックンロールレコード~お茶の間に間に~のブログ

ロックンロールのレコードのお話し

最初期盤とはなんぞや

レコードの音は溝によりけり

 

ツルツルの状態のレコードに

溝を刻むわけですが

この溝をどう刻むかによって

どんな音になるか決まるわけで

 

音圧を強くしようとか

高音を強調しようとか

低音を際立たせようとか

 

出来上がった一枚を

直接型取って

つくられる複製が

売られているレコードで

 

最初に溝を刻んだ一枚が

原音の劣化が少ない状態なので

音の鮮度が高いわけで

 

最初の一枚は

どんな音か本人たちが立ち会って

OK を出したものが採用され

 

ですが音に関するクレームなどがあると

また溝を変えて

違う音のバランスのレコードが

プレスされて販売され

この音は本人たちのOKしたものとは違い

大抵の場合

問題ないように

控えめでおとなしい音に変更される始末

 

この溝の違いを

番号やアルファベットであらわして

レコードに記されていて

この型番がいわゆるマトリックスというやつで

 

イギリスの DECCA レーベルは

この溝の変更が多いようで

60年代のローリングストーンズの

モノラル盤は

このマトリックスが短い期間に

数種類ずつ存在

 

スモールフェイセスも

複数のマトリックスがあったりと

 

 


f:id:rocknrollrecord:20230902131933j:image

 

THE ROLLING STONES

 / AFTERMATH

UK オリジナル mono

 

この最初期盤は

ジャケットのタイトルロゴに

影がつけてある

シャドージャケットと呼ばれるもので

すぐにデザインチェンジされて

影がなくなったものが

通常のタイプだと言われていますが

 

こういう話しは

「と思う」

というもので

「おそらくそうだろう」という話し

 

伝言ゲームはすぐに

「と思う」

という部分は消えてなくなり

それが事実のように

ひろまってしまいがちで

 

このモノラル盤は

マトリックスが多く

最初期の赤いマルーンラベルのものも

両面それぞれに

5種類ずつの

違うマトリックスが存在して

 

つまり

5通りの

音のバランスが違うレコードがあるわけですが

両面5通りずつが

裏表ちぐはぐに組み合わされているので

かなりの組み合わせパターンが存在し

 

でもやはり

最初に本人たちが立ち会った

両面のマトリックスが1番のものが

最初期盤であり

本人たち公認の音なわけですから

聴きたくなるのが人情

 

となると

パッと見でわかる

シャドージャケットと違い

捜索は困難をきわめ

 

両面のマトリックスが1番です

と書かれて売っているものは

もちろん高額になるわけで

 

しかも

このタイトルは

やや静かめな曲もあり

キズによるノイズが目立ちやすく

 

そうなると

最初期とかいう以前に

聴く度にストレスになってしまえば

本末転倒で

 

偶然にも

一番最初に手に入れた一枚が

両面のマトリックスが1番でしたが

キズだらけで針飛びもあるもので

 

その後

何枚かの買いかえを経て

今はノイズのほとんどない

両面のマトリックスが1番の一枚を

手に入れたものの

 

このジャケットは

シャドージャケットではなく

 

ストーンズのレコードの

コレクターのかたの情報でも

シャドージャケットに入っているレコードの

マトリックスはどれも1番ではない

ということなので

 

始めにシャドージャケットがつくられて

すぐに変更されたのではなく

どこかの印刷所で

たまたまボツになったデザインの原稿を

間違って印刷したものが

一部出回ってしまい

すぐに気がついたので

少量出回っていたものが存在するが

最初期盤が入っていたものではない

 

というのが

ホントのところかと

 

てな推理で

 

ストレスなく楽しめる

両面のマトリックスが1は激レアです!

 

 

ちなみに

 

SIDE1のマトリックス

1B 2B 4B 5B 6B

 

SIDE2のマトリックス

1A 3A 4A 5A 6A

 

があり組み合わせは複数

 

このタイトルのマトリックス

すべての組み合わせパターンを

そろえたら何枚になるのやら

 

当時のイギリスだけでも

それだけ違う音で聴いていたのに

この頃は

ステレオ盤も普通に聴かれてきている頃で

ステレオ盤にもマトリックス違いが存在して

 

同じ音で聴いてる人の方が少なそうな . . .

 

 

 

オリジナル盤のレコードを聴くお店!
   ロックンロール レコード
   ~ お茶の間に間に ~

 

鳥取県米子市淀江町佐陀 834-5

 

 

 

ロックンロールレコード / ROCK'N ROLL / ROCK AND ROLL / ROCK & ROLL / レコードプレーヤー / ターンテーブル / モノラル針 / カートリッジ / THE BEATLES / Garrard / ガラード / レコード針 /ビートルズ / バリレラ /モノラル盤 / THE ROLLING STONES / 7インチ盤 / シングル盤 / VINYL / ロックンロール / アナログ / レコード / 真空管アンプ / オーディオ /mono / beatles / オリジナル盤 / vinyl / 最初期盤  / BOB DYLAN / BLUES / ブルース / ALTEC / KT88 / THE WHO / CAFE / カフェ / 喫茶店 / 鳥取 / 米子